前へ
次へ

跡を残さないための継続したケアのメリット

身体にできるいぼやほくろは良性の腫瘍であることがほとんどですが、目立つ部位で出来た場合、美容の観点から気になることもあります。
そのようなときには美容クリニックで適切な治療を受けることで取り除くことができます。
レーザーを照射することで跡を残さずに取り除くことが可能です。
しかしながら、跡を残さないためには治療のときよりも治療後のケアがポイントとなります。
皮膚にレーザーを照射すると赤くなります。
患部が乾燥すると跡が残る原因になるので、しっかりと軟膏を塗って、ガーゼなどで保護する必要があります。
毎日ガーゼの交換と軟膏の塗りなおしが必要です。
ただ、これを継続することによって、患部は徐々に回復していき、時間の経過とともに跡は目立たなくなります。
なお、患部に紫外線を当てることも跡になる原因になるので、日焼け止めを塗ることはもちろん、帽子の着用を忘れないことが大事です。
ただ、これらの意識したケアを毎日行うことで、肌全体のコンディションもいい方向に向いていくメリットがあります。

Page Top